オープニングイベント 第二弾情報 発表中

栄における
大規模複合施設『中日ビル』が誕生

2024年春、名古屋市の中心部に位置する「栄」に
ホテルや商業施設を含む複合施設が誕生します。
6階に位置する多目的ホールとカンファレンスは、ビジネス交流、発表の場として
文化・芸術の発信の新たな拠点として 「栄」に更なる賑わいを創出します。

First slide

6階にホール&カンファレンス
高層階にはホテルが出店

ホールは、講演会、シンポジウム、展示会、新商品発表会、パーティー、エンターテインメントまで多目的にご利用いただけます。
カンファレンスは大小様々な部屋をご用意し、会議、セミナー、パーティーまで幅広くご利用いただけます。
ホールとカンファレンスは6階に隣接して配置しており、一体利用も可能です。
高層階に出店するザ ロイヤルパークホテル アイコニックは
名古屋の喧騒を忘れさせる絶好の眺望を臨む立地にあり、
客室数は約250室、高層レストランが設置されます。

1st slide

中日ビル

2nd slide

中日ビル

3rd slide

中日ビル

4th slide

屋上広場

5th slide

B1エントランス

fth slide

中日ビル

ザ ロイヤルパークホテル アイコニック(The Royal Park Hotel Iconic)
24~32階。ロイヤルパークホテルズの宿泊主体型で約250室。メーンの客室の面積は栄地区最大級になる計画。高級感のある空間でおもてなしへ。 宿泊しないお客様もロビー階(23階、約120m)の高層レストランで特別なひとときを
オフィス
9~22階。14 層分の貸し床面積は約 32,000 ㎡、ワンフロアは無柱の700坪(約 2,300 ㎡)。ともに栄最大の広さに。良質で最先端の職場環境を提供する
屋上広場
7階。久屋大通公園と中部電力MIRAI TOWER(テレビ塔)を一望へ
ホール&カンファレンス
6階。可動式の約600席で、ビジネスからエンターテインメントまで幅広い演目に利用できる多目的ホール。同じ階のカンファレンスとの一体利用や、公園イベントとの連動も想定
Shop&Restaurants
地下1~地上5階に「Shop&Restaurants」エリアとして計画中。道県事務所や中日文化センターが入居予定

中日ビル


半世紀以上にわたり地域の皆さまに親しまれた旧ビル「中部日本ビルディング」(愛称「中日ビル」)の歴史と伝統を受け継ぎ、よりいっそう魅力あふれる地域拠点を構築したいとの思いを込めました。 地下5階、地上33階、塔屋1階、高さ約158m、延べ床面積は約117,000㎡。ビルの形状は低層部、中層部、高層部の3ブロックに分かれた階段状で、低層部に商業施設、中層部にオフィス、高層部にホテルが配置されます。
  • この資料は計画構想段階での資料のため、詳細検討により建築計画およびデザイン・仕様・数量・内容・料金等は変更になる場合があります。(2022.08.01運営準備資料)